小倉紀美

名前:小倉紀美

留学先の大学:北京語言大学(デュアルディグリーコース)

誕生年:1989年

出身地:千葉県

学部:文学部

尊敬する人:母親

趣味:旅行(中国30都市に)

はまっていること:AKB

好きな言葉:学は永遠の勝利 学は人生の光なり

☆留学先の国☆

中国

☆留学情報☆

1、留学体系

デュアルディグリーコース2期生

2、費用の目安

生活費・旅行費・保険料含め2年で100万程度。

_留学のきっかけは何ですか?

小学校の頃、中国内モンゴル自治区に植林ボランティアに行ったとき、中国の人の温かさを感じたのと、中国語が美しいなと感じたことがきっかけです。

_何故その国に?

周りが中国に対して良くない印象を持っていることが多くあり、実際の中国がどんなものか自分の目で確かめたいと思ったからです。

_どんな国でしたか?

皆アバウトで気楽に過ごせる国でした。日本のような硬さがなく、アバウトで大雑把な私に合っていましたね(笑)それから、治安も良くないのかな、と思っていましたが、出会う人皆が親切で、日本人に対しても友好的な人が思いのほか多くいて、すごく感動しました。

_その中で印象的な出会いは?

2種類ありました。

1つめは、近隣の大学の日本語学科の友人と相互学習で親しくしており、旧正月のときその友人の家にお邪魔させていただきました。そのとき、外国の人が来るのは初めてだからと、日本人が好きな食べ物を調べて準備してくれたと知って感動しました。また、親戚の人や近所の人たちも私たちに会いに集まってきて、優しく接してくれ、中国の文化を教えてくれました。この経験を通して、中国の人の温かさを実感できました。

2つめは、びっくりした経験になりますが、旅行先でマクドナルドに立ち寄ったところ、知らない叔父さんが話しかけてきたことがあります。そこで電話番号を教えてしまったんですが、それからほぼ毎日電話が掛かって来るようになって驚きました。すごく人懐っこい一面、好奇心が旺盛すぎる人もいるんだな、と分かった出来事です。

_日本とその国の違いは?

1つは、中国の人は本当に元気だということです!日本と違って、周りのことが考えられない一面もありますが、逆にそれが楽でもありました。とにかく向こうでは、みんなが楽しく過ごしているようなエネルギーを感じました。

2つ目に、それから、年配の方を敬う文化が日本以上にあって、バスとか電車で老人を見かけたとき、中国の方はサッと立ち上がって譲っていました。

_一番大変だったことは?

なかったです(笑)DDで10人の仲間と一緒に留学していたので、辛いときお互い支え合うこともでき、楽しく過ごすことができました。中国の風土も私に凄く合っていましたし。この質問は面接でもよく聞かれるのですが、そこでも正直に留学中大変な無かったと答えていました。

_留学中取り組んだことは?

まずは語学を習得することです。コツコツ努力し続け、最終的にはHSK9級(ビジネスレベル)を取得することができました。

また、留学後半ではデュアルディグリーコースの班長として北京大学との交流会を開催しました。20人がまとまって創大から来ているDDだからこそできることだと思いましたし、池田先生を中国に紹介し、中日の学生がお互いに理解を深められる場を作ろうと考えたからです。結果として、中国人参加者20人程度を集め、日本に対するイメージがよくなった、友人ができてよかったという感想を頂くことができました。

それから、留学最後の夏休みでは、上海万博での道案内のボランティアを2週間行いました。友人からの紹介で知ったのですが、世界的なイベントで、留学している間に参加できるのは今しかないと思ったので、勇気をだして参加しました。2週間、真夏40度以上の上海で中国人相手に道案内の仕事をして、語学力を強化できましたし、いい思い出にもなりました。

_留学中、どのようにしてモチベーションを維持されましたか?

いつも応援してくれている家族や池田先生に勝利のご報告をしたいと思っていました。また、頑張っていない自分が嫌いなので、やりたくないときでも頑張ろうとする習慣を付けるようにしていました。

_留学経験を、進路にどのように活かせましたか?

留学を通し、仕事で大学時代頑張ったこと、語学を活かして自分に何ができるか、と思ったとき、中国と日本をつなぐ役割を果たしたいと思えました。

今の企業に内定いただいたときも、これから中国で活躍する人材として採用したい、と言ってもらえましたし、中国と関われる職場に出会うことができました。

_留学中の準備はどうされていましたか?

デュアルディグリーのメンバーで刺激しあい、お互い他己分析や面接練習などをしていました。また、北京には比較的海外で働く先輩が多かったので、OBOG訪問をしてお話を聞いたり、書いたESを添削してもらったりしました。筆記対策としては、DSでSPIを夏休み中旅行の合間にしていました。私たちは1月に帰国というスケジュールだったので、自分たちでの準備が大事だったと思います。

_就活の流れを教えてください。

7・8月

旅行しながらDSでSPI。

中国で今しかできないことをしようと旅行、ボランティアに挑戦。

上海で開かれたOBOG懇談会に参加。

9月

DDなので、卒業論文の作成に尽力。

10月初旬

四季報を見ながら200社以上プレエントリー。

11月

卒業論文初稿提出

12月

現地での、日系企業が開く選考会に参加し撃沈。はじめての面接を経験。

北京のOB・OGに会う。

1月~2月

6日に帰国。説明会ラッシュ。合計50社以上参加。

3月~5月末

選考。3月~4月にかけては地震の影響で縮小気味だったが、最終的には5月末、現在の物流会社に内定。