留学体験記No.10

こんにちは!ワールド会です!

 

今回の第10号は、

シンガポールに留学していた39期 経済学部の下谷内 由紀子さんです!

 

 

。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。

 

☆留学先の国

シンガポール  南洋理工大学

 

☆留学情報

1、留学体系・使用言語

交換・英語

2、費用の目安

約50万円

3、留学していた期間

10ヶ月

 

☆留学のきっかけは何ですか?

将来世界を舞台に活躍したいと思ったからです。

 

☆何故その国に?

異文化の中で視野を広げたいと思ったため、たくさんの人種や宗教、文化が共存しているシンガポールを選びました。

 

☆どんな国でしたか?

本当に多様性豊か!笑

歩いていてもみんな違う国の人だし、いろんな言葉が聞こえてきます!

あと、気候は一年中暑いです!

 

☆その中で印象的な出会いは?

日本が好きだって人にたくさん出会えたことです。自分が思っている以上に海外の人は日本のことが好きで、日本人で良かったって思えて、より日本を好きになることができました。特に、中国人の先生が東日本大震災のあったときに授業中に語ってくれたことが心に残っています。先生は、「もともと歴史のこともあるし日本が好きじゃなかったけど、中国で地震が起きた時に懸命に助けてくれた日本人の姿見て感動した。だから今、日本が苦しんでるのは、自分も同じように苦しいし今度は自分達が支えたい」って泣きながら言ってくださった。

 

☆日本とその国の違いは?

たくさんありますが、みんな自由奔放です(笑)

自分の意見をはっきり主張するし、やりたいことをやる。あとは、平気で待ち合わせに3時間も遅れて謝らないし、列に横入りしてきます(笑)

これも文化の違いから来ているんだなーって感じました。

 

☆一番大変だったことは?

やはり文化や考え方が違うから、相手を理解することは思っていたより大変でした。

あとは最初シングリッシュ(シンガポール訛りの英語)には苦戦しました(笑)

でもそのおかげで違う国の英語訛りも大体聞き取れるようになりました。世界には綺麗な英語話す人のほうが少ないので、今ではシングリッシュで良かったって思います(笑)

 

☆留学中取り組んだことは?

勉強と、世界中の友達とコミュニケーションをとること。もともと人見知りで、人と話すのも得意ではなく、友達と遊ぶことすら知らなかったけど、どんどん積極的に接していきました。20カ国位の友人ができた。その分、価値観の違いも実感でき、視野が広がりました。勉強は今までで1番苦戦して、世界のレベルを知れてもっと勉強しようという刺激になりました。

 

☆留学中、どのようにしてモチベーションを維持されましたか?

常に「何のため」と問い続けること。自分が留学にきた目的を失わないようにし、創立者のお言葉に触れること。また、創立者に決意のお手紙を書いていました。

 

☆留学経験を、進路にどのように活かせましたか?

留学経験があれば、大体面接で質問の的にされます。私は留学を挫折経験として話していました。苦しくても諦めなかった姿勢とか、あとはどこでも生きていけるタフさってのをアピールしてました。見た目が大人しそうで弱そうなので、効果的でした!

 

☆好きな言葉、励みにしていた言葉を教えて

「悩みながら 苦しみながら もがきながら それでも学び、進むことだ」

 

 

。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。

 

次回はマカオよりお届けします(*^^)v

お楽しみに~\(^o^)/

 

 

何かありましたらご連絡ください。

w25mail.magazine@gmail.com

 

創価大学ワールド会ホームページ

http://sokaworldkai.hp2.jp/