留学体験記No.9

こんにちは!ワールド会です!

 

今回の第9号は、

フィリピンに留学していた39期 経済学部の菊池恵美さんです!

 

 

。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。

 

☆留学先の国

フィリピン  デ・ラサール大学

 

☆留学情報

1、留学体系

交換・英語

2、費用の目安

約50万円

3、留学していた期間

約8ヵ月間

 

☆留学のきっかけは何ですか?

ずっと海外に興味があり、高校3年の時に漠然と留学に行こうと思っていました。私にとって、大学生活の中で留学は夢でした!

 

☆何故その大学に?

ゼミで勉強していた開発問題、主に開発経済学が学べる大学に行きたかったためです。

 

☆どんな国でしたか?

フィリピンの人は皆温かく、明るく陽気でした!(笑) いつもウェルカムな雰囲気があったので気軽に話せました!

 

☆その中で印象的な出会いは?

ボランティア活動中に出会ったスラム街で暮らす子供たちです。私たちが住めないと感じるような環境の中でも明るく過ごす姿を見て元気や勇気をもらいました。

今でもあの子供たちのことを考えるともっと勉強を頑張ろう!と思えます。

 

 

☆日本とその国の違いは?

全部が違いすぎる(笑) まず、「人」や「食」が違います。現地の人は野菜をあまり食べていませんでした(笑) 肉料理中心でした!

物価は日本よりか断然安いです!!タクシーも初乗り80円でした!!

また、「気候」が違って一年中暑いです。雨期(6月~8月)の時には、道路が川へと変わります(笑)

 

☆一番大変だったことは?

ボランティア活動中のスラム街へ行く手段です。また、食事が自分には合わず大変でした。

 

☆留学中取り組んだことは?

周りの留学生より難しい授業を間違って取ってしまいましたが、挑戦しようと決意し単位変換できるよう頑張っていました。

あとは先ほども述べたボランティア活動です。

 

☆留学中、どのようにしてモチベーションを維持されましたか?

自分が創価大学の交換留学生であることがモチベーションに繋がっていました。交換留学生に選ばれたからにはその分自分たちは頑張らなければならないと感じていました。また、創立者からの激励や家族・大学のサポートがあったからモチベーションを維持できたと思っています。

 

☆留学経験を、進路にどのように活かせましたか?

留学自体の経験やボランティアで感じたことを通して、自分はビジネスを通して貧困問題を解決していきたいとの思いがより強くなりました。

 

☆好きな言葉、励みにしていた言葉を教えてください。

「冬は必ず春となる」

 

 

。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。。・゜・゜・。

 

次回はシンガポールよりお届けします(*^^)v

お楽しみに~\(^o^)/

 

 

何かありましたらご連絡ください。

w25mail.magazine@gmail.com

 

創価大学ワールド会ホームページ

http://sokaworldkai.hp2.jp/