留学体験記No.6

さて、メルマガ第6号はいよいよアジア!!☆

中国からです\(^o^)/

 

本日は、38期 経済学部の小山絵里子さんです!!

 

。・゜・゜・。 。・゜・゜・。 。・゜・゜・。 。・゜・゜・。 。・゜・゜・。

 

☆留学先の国

中国  武漢大学

 

☆留学情報

1、留学体系

交換

使用言語

中国語

2、費用の目安

約50万円

3、留学していた期間

約1年間

 

☆留学のきっかけは何ですか?

 

留学には1年時から決めていました。英語はインターナショナル・プログラムで勉強しようと思っていたので、世界的にも需要の大きい中国語を勉強しはじめたからです。

 

 

☆何故その国に?

 

物価も安く、距離的に日本に近いというのもありますが、高校生の時に中国からのお客様をお迎えさせて頂いた経験があったからです。

自分に縁のある国だと感じました!また、武漢は北京や上海と違って田舎なので発展していく様子を肌で感じられると思ったからです。

 

 

☆どんな国でしたか?

 

ザ・田舎!!!(笑) 私がいた武漢は中国の4大盆地と言われている中の一つで、夏はものすごく暑く、冬はものすごく寒いです。

また、中国全体として言えるのは勢いがすごいということ。このままでは日本は負ける!と感じてしまいました(笑)

 

 

☆その中で印象的な出会いは?

 

新・人間革命の13巻「金の橋」の章で、創立者とともに日中友好に貢献された方とお会えすることができました。

創立者とお会いしたときの様子だったり、当時の写真を見ながら話を聞かせて頂きました。

 

 

☆日本とその国の違いは?

 

人がとにかく多い!あと、何に対してもハングリー精神がすごい!これは日本人も見習うべき点だと思いました。

 

 

☆一番大変だったことは?

 

何回かお金をだまし取られたことです・・・。平均以上の値段で物を買ってしまいました。

もう少しで人間不信になるところでした!!(笑) でも、これを経験したおかげで言語を学ばなくてはと強く思い、モチベーション維持にもつながりました。

 

☆留学中取り組んだことは?

 

日本人流布!!(笑) 武漢にはあまり日本人がいないので自分を例にして、日本人のイメージを良い方向に変えていきました。

 

 

☆留学中、どのようにしてモチベーションを維持されましたか?

 

日本人としての誇りがモチベーションに繋がっていました。昨年の3.11の時、日本人としてのアイデンテティーを自覚し日本人であることに対して誇りを持ちました。また、後輩のために創大と武漢の架け橋になるんだ!との思いもモチベーションになっていました。

 

☆留学経験を、進路にどのように活かせましたか?

 

留学を経験して、就職活動をする上で重要視したのが世界とつながっていられる仕事、であることです。留学前よりもグローバル思考が強くなりました。

☆好きな言葉、励みにしていた言葉を教えてください。

 

創立者の言葉で、

『君は君の分野で日本一、世界一を目指しゆけ』

 

 

 

。・゜・゜・。 。・゜・゜・。 。・゜・゜・。 。・゜・゜・。 。・゜・゜・。

次は別の中国地域からです!
お楽しみに(^^♪♪

何かありましたらご連絡ください。
w25mail.magazine@gmail.com

 

創価大学ワールド会ホームページ

http://sokaworldkai.hp2.jp/