Q&A

Q&A

学生の方々から寄せられた代表的な質問にお答えします。 

下記の情報はあくまで参考としてください。
詳しい情報は、留学相談室、または国際交流センターまで!!  
 
 

 <留学全般について> 

Q1 交換・私費・認定の違いは
留学制度のページへ

Q2留学時期をどのように決めたか 

自分の進路や、学生生活で何を優先するか、などによって決まってくると思います。 

Ex.4年卒業希望なら、交換留学生として、2年次に留学 

Ex.企業就職志望なら、一般的に就職活動が始まる10月前には帰国 

学年としては、4年次留学か3年次留学が大半ですが、中には2年次で留学する方もいます。

Q3費用はどれくらいかかるか 

※下記の情報はあくまで参考として下さい。
※約10カ月留学した場合。交換は創価大学への学費別途。 

同じ国・留学形態であっても個人により異なります。
  

北米    私費 200~250万
       交換 50~100万
ヨーロッパ 私費 170~350万
               交換 180~200万
ロシア   私費 100万
        交換 40~60万
中国     私費 70~100万
         交換 30~60万
オセアニア 私費 200万~280万
        交換 110~120万
アジア   私費 60万~150万
       交換 30~70万
アフリカ   交換 85~110万
中南米   交換 80~140万 

<私費留学について> 

Q4留学エージェントは使った方が良い? 

もちろん、自分で行きたい大学を探して行くこともできます。 

国や留学形態(大学か、語学学校か、インターンをするのか、など)にもよるので一概には言えませんが、結論から言うと、使った方が良いと思います。 

メリット 

①    学校やホームスティとの間になにか問題が起こった時、(たとえば学校のコースを変更したい、ホームスティを変えたいなど)「個人対学校」ではなく「エージェント対学校」になるので、きちんと対応してもらえる。 

②    入学手続きなど大切な手続きのミスの心配がない、 

③    沢山の情報を持っているので、それらをもとに学校を絞り込みやすい 

など。 

 ただ、本当に信頼できるエージェントなのか、自分で見極める事が重要です。 

Q5準備にどれくらい時間がかかったか、いつから準備すればいいか 

余裕を持って一年前くらいからの準備(目的・目標の明確化、エージェント・学校選び、ビザ・パスポートの申請、保険など)が理想です。 

最低ラインとして、渡航の3カ月位までにはビザ申請と、「入学許可書」を発行してもらう必要があります。 

Q6 勉強以外にしていた事は? 

・インターンシップ(教育系企業で営業、アメリカ企業でマーケティング、通訳など) 

・ボランティア(日本語教師、国際映画祭の運営スタッフ、ホームレス支援など) 

・クラブ(社会人ハンドボール、Chinese orchestraなど) 

・資格(TOEIC、HSK、TESOL) 

・旅行(オーストラリア一周、サーフィントリップなど) 

・イベント(カラオケ大会開催、ダンスチーム結成、フルマラソンなど) 

などなど! 

 

その他お問い合わせはw.kai.kouhou@gmail.com までお願いします。